HOME  >  JGPSCレポートの紹介  >  2016年度

2016年度

2016年度

16-1 (訳文)「PNT ExComがGPSバックアップシステムを完成させるステップとしてeLoranの支援を決定」

16-2 (訳文)「Galileoの米国内の利用を認可すれば、PRSへの米国のアクセスを認める要因となるかも知れない」

16-3 (訳文)「LightSquared社は、GPS「共存」計画のFCC認可を希求」

16-4 (訳文)「BBC放送がGPSのタイミング信号の長たらしい中断を報道」

16-5 (訳文)「連邦政府はGPSイノベーションに関し中小企業を支援」

16-6 (訳文)「DHSレポートが他人から邪魔されないPPDプライバシー妨害電波発信機のリスクを報告」

16-7  (訳文)「OCX計画の運命が数か月以内に決まるかも知れない」

16-8  (訳文)「そこにGPSがあったなら歴史はどのように修正されただろうか?」

16-9  (訳文)「Glen Gibbons氏のミュンヘン報告」

16-10  (訳文)「GPSの発展~砂漠の嵐作戦から世界中のユーザーへ」

16-11  (訳文)「米空軍宇宙軍団司令官がOCX計画について議会証言」

16-12   (訳文)「米空軍と米陸軍は新GPS技術に手を伸ばす」

16-13 (訳文)「DHSがューヨーク証券取引所でeLoranの実証実験」

16-14 (訳文)「国家PNT政策:宇宙とその先にあるもの」

16-15 (訳文)「軍用GPS受信機の高度化で衛星コストが削減される」

16-16 (訳文)「宇宙空間を規制することは宇宙の商用化を優先すること」

16-17 (訳文)「米国議会上院でOCX予算を囲い込む国防授権法案が通過」

16-18 (訳文)「国土安全保障省とPNT ExComがGPSバックアップに動く」

16-19 (訳文)➀米国運輸省が隣接バンド互換性に関してGPS受信機の更なるテストを要求
②パーキンソン博士がGPSで果たした偉大な役割を評価されマルコーニ賞 

16-20 (訳文)「GPS部局が宇宙信号用インターフェース仕様書変更に関するパブコメを求めている」

16-21 (訳文)「我々はGPS援用の広告主から追跡されている?」

16-22 (訳文)「GAOレポート~宇宙分野における国防予算の問題点」

16-23(訳文) 「日本の準天頂衛星を巡って沸き上がる法律論争」

16-24(訳文) 「IONがJNC2016を主催」

16-25(訳文)「GSAがユーザー技術レポートを発表」

16-26 (訳文)「規則を変える~有害な影響を定量化する実用的な方法」

16-27(訳文)「電波とGPSに関する短い歴史~パーキンソン博士のマルコーニ賞受賞記念

講演より」

16-28(訳文)「GNSSはトランプ政権下でどのようにやっていくのか?」

 

トップにもどる